尽力 いたし ます。 「尽力」の意味と使い方とは?敬語や類語「お力添え」との違いも

ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

いたし ます 尽力

⚔ もちろん、同じ意味合いをもつ言葉として使い方に間違いはありません。

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

いたし ます 尽力

🐝 弊社の業績アップは ご尽力いただきましたお取引様のおかげです 心から感謝と敬意を伝えたいときに使う「ご尽力いただき」という言葉。 間違った言い方をそのままにしておくことは日本語の乱れに繋がりますから、正しい表現をご紹介します。

17

「尽力」の意味や使い方 Weblio辞書

いたし ます 尽力

🤪 「ご尽力」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、かなりの労力をかけて助けてくれること指す言葉です。 これは注ぐという意味が重複しています。 一方「尽力」には「全力」とうニュアンスがあり、相手が自分のために使う力の度合いが異なります。

【注力】と【尽力】の意味の違いと使い方の例文

いたし ます 尽力

📱 金銭的な援助の場面でも「ご支援」が使えます。

9

「お力添え」「ご尽力」の正しい意味と使い方を解説【例文あり】

いたし ます 尽力

🔥 これもひとえに、皆様方の並々ならぬご尽力の賜物と深くお礼申し上げます。 たとえば、自己啓発のために勉強するのは「尽力」とは言いません。

ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

いたし ます 尽力

☝ ただし、使い方やニュアンスの差はそこまで大きいものではないので、「頑張ります」という意味を伝えたい時のシーンに合わせて使い分けるといいと思いますよ。 「ご忠告させていただきます」「ご連絡させていただきます」とはいいますが、「ご尽力させていただきます」とはいわないため注意しましょう。 手助けをするイメージを持っておくといいでしょう。

6

「尽力」の意味や使い方から類語まで、例文付きで解説!これでお礼や抱負を述べるときに困らない

いたし ます 尽力

🤛 「お力添え」……軽め。 「ご尽力」の類語「お力添え」 「助けてくれる」という意味を持つ点では「ご尽力」と混同しやすい「お力添え」ですが、「お力添え」には「努力する」「力を尽くす」と言う意味はなく、あくまでも「力を添える」「援助して助ける」という意味になります。

3

「ご尽力」の意味は?間違えやすい「お力添え」との違いも解説

いたし ます 尽力

🔥 ・この度はSNS拡散施策にお力添えを賜り、誠にありがとうございました。 「尽力」は謝罪で使うこともある 感謝だけでなく、謝罪シーンでも「ご尽力」は使うことができます。 主に感謝を伝える際に使う 「ご尽力」は何かをしてもらったという感謝の気持ちを伝える際によく使う表現です。

5