鈴木 修。 スズキ、鈴木修会長が退任 「オサム後」模索した20年:日経ビジネス電子版

スズキ、鈴木修会長が退任 「オサム後」模索した20年:日経ビジネス電子版

修 鈴木

👎 スズキが組織改定や常務役員の委嘱の変更などについて発表した。

1

鈴木修スズキ会長退任へ 91歳、代表権ない相談役に 体制一新

修 鈴木

😊 これまでも町の雑貨屋がなくなり、駄菓子屋がなくなったでしょう。

スズキの鈴木修会長が退任=40年以上経営指揮、相談役に―「体制一新、後進に道」 (2021年2月24日)

修 鈴木

☕ 農村部での販売をしっかり伸ばし、シェアを開拓する」と語った。 語録 [ ]• 世界販売は四輪370万台(20年3月期285万台)、二輪200万台(同171万台)• 国内で軽自動車事業の強化を進めた一方、80年代前半から海外展開も本格化。 今後のスズキへのアドバイスを問う質問には、自身は勘を頼りに進んできただけで「先見の明はありません」とした上で、有望な市場は無限にあるとし、仕事もプライベートも「生きながらえている限りは挑戦し続けていきましょう」などと、最後まで「オサム節」とも呼ばれたユーモアあふれる語り口で話した。

8

スズキ 鈴木修会長が退任へ 42年余経営トップを務める

修 鈴木

⌛ ビジネス 先代: 第4代: - 次代: (現職) 先代: (新設) 初代: - 2000年 第4代: - 次代: 先代: 第4代: - 1990年 次代: (廃止) 先代: (新設) 初代:2000年 - 次代: 鈴木俊宏 先代: 津田紘 第3代:2008年 - 2015年 次代: 鈴木俊宏 非営利団体 先代: (新設) 初代:2000年 - 次代: 鈴木俊宏 先代: 中部実業団陸上競技連盟会長 第5代: - 第11代: - 次代:. コロナ禍で見通しが立たない中、同社が昨年来、策定を進めた中期経営計画。 鈴木修のであるはを創業し、のちにを経てを設立した実業家である。

4

スズキ、鈴木修会長が退任 「オサム後」模索した20年:日経ビジネス電子版

修 鈴木

👊 ご安心下さい」と語って健康状態が良いことをアピールした。 「今考えると、退任の予兆はあった」。 その退任の余波を探った。

3

スズキ 鈴木修会長が退任へ 42年余経営トップを務める

修 鈴木

🤞 6月から代表取締役会長(CEO)を務める。 その努力を見ないで普通のクルマと同じようなものと言うのはいかがなものか」と反論。 創業家の娘婿として1958年にスズキに入社した。

17

鈴木修・スズキ会長 「経営者人生、ここまで51点」:日経ビジネス電子版

修 鈴木

😈 チャレンジする方法があれば、チャレンジしたい。 当時の鈴木自動車工業は、織機製造の町工場からスタートして、オートバイの生産に進出。 現役でいることと、相談されたら相談を受けることにしましたから。

20

スズキの鈴木修会長が退任=40年以上経営指揮、相談役に―「体制一新、後進に道」 (2021年2月24日)

修 鈴木

😔 今回発表された5カ年計画では、電動化を大きな柱として掲げた。 激動の自動車業界にあって比較的規模が小さいスズキとして生き残りを図るため、同業他社とのパートナー探しにも奔走。 ばいばい!」 EVなどの開発強化方針 明らかに 自動車メーカーのスズキは、新たな経営計画を発表し、世界的な車の電動化に対応するため、EV=電気自動車などの開発を強化していく方針を明らかにしました。